体に取り込んで健康アップ

calendar

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

menu

2017年09月26日
期待される新しい栄養素を更新。
2017年09月26日
フコイダン人気の理由を更新。
2017年09月26日
実際にフコイダン製品を購入するを更新。
2017年09月26日
海藻ならではの栄養成分を更新。

抗ガンやコレステロール低下など万能な役割

フコイダンとは昆布やわかめ、もずくなどの海藻のヌメリ成分の一種です。1913年にスウェーデンの教授によって発見されました。昔はフコイダンとは呼ばれず、フコイジンと呼ばれていました。後に、国際糖質命名規約により「フコイダン」の名前で親しまれるようになりました。フコイダンとは、どのような物質でどのような効果があるのかお伝えしていきます。
フコイダンとは高分子多糖類と呼ばれ、主構成糖のフコースなどの糖類が10個以上ある条件で繋がって生じたものをフコイダンと呼びます。フコイダンにはアポトーシスと呼ばれる作用があります。これは癌細胞などを自滅に追い込む作用があり、抗ガン剤として活躍しています。他にも、免疫力を高めたり、コレステロールの値を下げたり、血圧を下げたり、抗がん剤による体質の変化にも作用し、食欲不振や髪が抜けてしまうなどの影響を軽くする効果が見られています。
また、フコイダンは健康な方が摂取しても問題は無く、免疫を高めたり、生活習慣病やガンなどの予防にもなります。健康体を作るにあたって、とても重要な役割を果たしています。フコイダンが多く含まれるわかめやもずくなどの海藻類は普段の食事でも摂取ができるので、積極的に取り入れていきましょう。

フコイダンの効果と摂取方法について

海藻には付きもものネバネバ成分、そこに含まれるのがフコイダンです。免疫機能を高める働きがあるとされ、今話題の成分でもあります。研究結果によると、フコイダンの摂取によりナチュラルキラー細胞の活性化が期待でき、さらに小腸の表面にある腸管組織を刺激することにより、免疫力が高められると言われています。また、一部の研究ではガン抑制に効果があるとされる結果もあります。その他、美肌効果や育毛効果、肝機能の改善、抗酸化効果などもあるとされています。そんなフコイダンを多く含む海藻ですが、主にコンブ、もずく、メカブなどの褐藻類に多く含まれています。フコイダンを含む食材の調理方法ですが、フコイダンは熱に強いという特性があるため、比較的多くの調理バリエーションを作れます。手軽に摂取する方法とすれば、海藻サラダ、味噌汁やスープなどがあります。食べた際の副作用は今のところ大きな弊害になるものは確認されていません。しかし、大量摂取は消化不良を起こす恐れがあり、加えて海藻に含まれる塩分の過剰摂取に繋がる可能性もあるので要注意です。その為、最も安心して摂取できる手段としては、サプリメントによる摂取が一番無難だと思われます。

乾燥を防いだり、アンチエイジングなど美容効果も期待できます! トンガ海溝のモズクは他の地域のモズクと比べてフコイダンの含有率が多いことが分かっています。 身近で頼れる販売店を目指します。 フコイダンとは昆布やモズクに多く含まれる食物繊維。 お試しパック3,465円→1,574円 ネット販売と共に実店舗販売も行っております。 海藻のネバネバ成分は、昔から私たちの身近な健康食品。 フコイダンとは詳しく知りたい方はこちら