学研を一年生から始めよう

幼稚園などでの幼児期の集団生活も終わり、いよいよ一年生になる時は、親も子供もドキドキのことでしょう。うまく学校生活になじめるか、友達と関係がうまくいくか、そして何より、学校での勉強についていけるか、ということが気になると思います。学校で勉強したことを、しっかりきっちり理解するためには、やはり家庭で予習、復習をすることが大事になってきます。子供が勉強って楽しい、もっとやりたいと思える気持ちがとても大事です。その気持ちを引き出させるためには、学研の教材がぴったりです。その学年に応じた内容を分かりやすく、興味が持てるように作られています。興味、関心を持ち、やってみてできたらうれしい、そしておうちの人が褒めてくれるというのが、子供のやる気をどんどん大きくしてくれます。一年生のうちから、予習、復習をする習慣をつけることが大事です。理解できていくことで、自信がついてきます。自分でするのは、大変で長続きしないかもしれませんが、学研の教材がサポートしてくれることで、毎日無理なく、楽しく勉強することができます。一年生から学研の教材を始めることで、良いスタートを切ることができるでしょう。勉強が楽しくなることでしょう。

小学校に入ったら一年生から学研を始めた方がいい理由

幼稚園から小学校にあがると急激に勉強が難しなります。その後の事を考えた場合、勉強は出来るだけはやい段階で躓きたくないものですから、小学校に入った時から対策をしっかりとってあげたいものです。しかし、いきなり小学校に入ったから勉強をしろと言っても出来るものではありません。まずは子供が自主的に勉強をする環境を作ってあげると言う事が大切になってくるのです。そういった環境を作るのに学研の教材が適しています。小学校の一年生用から教材がありますので、それを子供に与える事により、自主的に勉強をする環境を整える事が出来るのです。小学校の一年生ですと、まずは勉強をする楽しさを知ると言う事が一番大切な事です。そこで、勉強はつまらないと思ってしまうと、その後の勉強はすべて押し付けになってしまうので、勉強をしたいと言う気持ちになれません。一番大切な事は、勉強が楽しい、そして勉強をしたいと思わせる事が大切なのです。そういった面で学研の教材は適しているのです。無理なく、自分のペースで勉強をする事が出来ます。また、付録なども充実しているために、それを利用して楽しい勉強が出来る工夫がされています。学研はそういった自主的な勉強を手助けしてくれるのです。