小学一年生のための学研ドリル

学研では、小学一年生のための国語や算数のドリルを出版しています。漢字の書き方についてのドリルは、漢字の点画の練習からはじめて、だんだん正しくキレイな文字が書けるようになります。手書きのお手本が付いているので、マネるだけで書くことができるでしょう。キレイに文字を書くポイントがすぐに分かります。また、多くの漢字が覚えやすいように、同じ意味の仲間同士に分けてあります。その漢字を使った熟語もたくさん掲載されており、いろいろな熟語を繰り返し書くことで、さまざまな言葉を覚えて、子供に文字を書く力が確実につくでしょう。また、小学一年生が学習するたし算やひき算の計算ドリルもあります。問題数は、子供が集中できるだけの適度な分量にしてあります。繰り返し計算することで、計算力がつきます。ドリルの最後には、「実力診断テスト」が付いていて、学習のチェックもできます。また、図形を使ったパズルのようなドリルもあります。楽しく遊びながら学習することで、算数に出てくる図形を学ぶことができます。学研のドリルで、日頃から文字や計算に親しむことで、お子さんが小学工の授業に、積極的に参加することができるようになるかもしれません。

小学一年生から始める学研の教材について

学研は学習研究社の略称として呼ばれており、1980年代から盛んに宣伝を行い、多くの教育雑誌や参考書、図鑑、辞書等を販売してきました。そのため、その宣伝を一度は見たことがある人も多かったり、一度はその書籍を活用して勉強したこともあるはずです。特に小学校に入学した時には、学研から出している一年生用の教材で勉強をした団塊世代も多いぐらいで懐かしむ声も聞くことが出来ます。ただ一時期は書店の店頭でもよく見ることが出来た教材や雑誌等も廃刊等に追い込まれた時期も存在して、小学一年生から始めることが出来る教材も見られなくなり、その代わり参考書や科学雑誌等を主体に取り扱いを開始してシフトしてきました。ただアニメや玩具、ゲームソフトの分野での需要が強くそちらでの商品開発も目立っています。またファッション雑誌や育児専門の雑誌まで幅広く雑誌が製作され、消費者のニーズも見られます。なお学研が主催とする子供のための塾が人気にもなっており、毎年小学一年生だけでなく、幼児向けの塾等の開設も見られますので、現在でも地方や首都圏においてもその名を聞かれることがあります。また学校の教育現場においては、保健体育の本やドリルを卸していたり、教科書自体を作成したりと教育指導を行う書籍を毎年発行しています。また実験シリーズや体験シリーズの子供の興味に訴えかける書籍も多く開発されています。